2007年01月16日

Kondo Dialy 第3回

spc_20070106_098.jpg

2007年1月12日

オレにとってのジャズとは、変化してゆく音楽のこと。ジャズが4ビートだけだったらミュージシャンになってなかった。1960年代後半から70年代初めのジャズは、ロック、R&B、現代音楽、民族音楽等の要素を取り入れ、どんどん変化していった。それが凄いなあ、カッコいいなあ、と思ったんだ。
ましてや、今はもう21世紀。おれは21世紀の音楽を生み出したいんだ。そのためにこの10年余り試行錯誤してきたし、今回の1月5・6・8日のライブもそういう気持ちでのぞんだ。
3日間共、違ったミュージシャン、DJ達と演った訳だが、みんなワクの中にハマッタようなヤツではなく、己れの生命エネルギーに忠実に生きてる連中だから、一緒にやってて本当に楽しかった。ありがとう!
3日間共マルチ・レコーディングしたので、これからじっくり聴きなおして、、次へと続く新しい可能性をさぐりたいと思っている。

spc_20070108_025.jpg spc_20070107_215.jpg


posted by 近藤等則 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。